スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中途半端に今年も終わり

まだミニチュア作りは再開していません。
結局「洋食」は来年に持ち越しです;

でもこんなのをちょこっと作ったりしていました。

コーンとゼリービーンズ

娘からのオーダーで作り始めたんですが、のんびりし過ぎて期限に間に合わず、これもこの状態で放り投げています。
すまん娘。
母を当てにしてはいけないと学んでください。

左のはアイスのコーンです。
ハーティでいくつか作って、その中から形のいいものを選んで原型にしました。
それをブルミで型取り。
ブルミから原型が外れなくて、無理矢理千切りながら取ったので、原型はボロボロになってしまいました。

右のはすけるくんで作ったゼリービーンズ。
でもあんまり透けてません。
何日経ってもなかなか透けないので、乾燥を待てずに作業を進めてしまいました。
ピンバイスで穴を開け、Tピンと9ピンを挿し、ニスを塗り・・・
あんまり透けてないけど、これはこれでキレイだしいいかと満足していたんですが・・・
数日後に見てショック。
ピンが錆びて粘土に錆が移ってしまいましたorz
中の方にポツポツと変色した部分が見えるでしょう?

錆入り

生乾きでピン挿しておいたのが拙かったんでしょうね~。
安いピンを使ったのも原因かな。


エコクラフトに挑戦したいと言っていましたが、未だに手付かず。
実はもう一年以上も前から本と紙バンドは買ってあるんですよね。

エコクラフト

本当はミニチュアのカゴを作ろうと思って買っておいたものです。
無知だったもんで、これで作れるんではないかと思い・・・。
ところが、エコクラフトでのカゴの作り方ではちょっと勝手が違うっぽいんですよね。
それで紙バンドの封も切らぬままにミニチュアカゴは断念しました。

その後、ミニチュアカゴは地巻きワイヤーがいいと知り、これまた随分前ですが、よさそうな本とワイヤーを買い揃えました。

ワイヤー

しかしこれもまだ手付かず;

いやー駄目だわー。
道具と材料を揃えるのまではさっさと進むのに、肝心なその先がさっぱりです。
お金を無駄にしないためにも、ちゃんと最後までやり遂げないとね!
来年の目標にしましょうかね。


さて今年も後残り僅かになりました。
今年は、というかミニチュア作りを始めてからずっとですが、どうもモチベーションが維持出来なくて作品を増やすことが出来ませんでした。
来年はもちょっと頑張って増やしたいです。
手が進まないのでブログの方も制作日記としては物足りなかったと思いますが、訪問してくださった方々、どうもありがとうございました。
あまり更新していないにも係わらず、最近は何故か拍手が毎日のように(しかも日によっては大量に)あり大変恐縮しております。
もちろん凄く嬉しいです。ありがとうございます。
いろいろとイマイチなブログですが、来年もどうぞよろしくお願いします^^

それでは皆様、よいお年を!
スポンサーサイト

パン粉

昨日のパンをおろし金ですりおろしてみました。

粉っぽいパン粉

あれ?
細か過ぎて随分粉っぽくなってしまいました。
この画像は「ネオファリネッタ×天使のねんど」パン製ですが、どの配合パンでやってもこんな感じになってしまいます。
おろし金でおろすのが駄目なのか・・・。

で、違う方法。
パンを彫刻刀で削ったり引っ掻いたりザクザクしたりしてみました。

彫刻刀でザックザク

こんな感じに内側から外側や奥に穴を掘るように。
削ったものを出してから細かくしようとすると凄く散らかるので、中に入れたままいい感じに細かくなるまでザクザクしました。
それがこれ。

ザクザクパン粉

ちょっとはパン粉っぽくなった?
もう少し細かくザクザクしてもいいかも。
後、予め粘土をきつね色に着色しておいた方が良かったかな?
とりあえずこれでコロッケでも試作してみます。

パンの気泡に挑戦

パンの気泡に挑戦しました。
ネットで調べた情報を元に、いろんなパターンを試してみました。

温度調節が出来る1000Wのオーブントースターを使用。
粘土の配合の比率は画像に。
粘土スケールは持っていないので、錠剤の空包装を使いました。
これ↓

薬のカラ

まずは、「パンド」に4種類の粘土を混ぜて焼いてみました。
「かる~い紙ねんど」は、この辺りによくあるホームセンターで売っている粘土です。
他は皆さんご存知の粘土。
焼成は200度で7分。
焦げ防止の為にアルミホイルを被せて焼きました。

パンの気泡比較1

生焼けです。駄目過ぎ。

次は同じ配合でトースターの温度と時間を変えて。
「かる~い紙ねんど」は大きい気泡が出来てしまったので、早々に見切りを付けて「ふわふわムースのかみねんど」に変更しました。
焼成は240度で8分。
アルミホイルあり。

パンの気泡比較2

画像はちょっとイマイチですが、「天使のねんど」が一番いい感じ。
大きい穴が開いてなければ「レジックス」もフランスパンの気泡っぽくてなかなかよいです。
でも、質感やカットのし易さなどトータルで見ると、やっぱり「天使のねんど」が一歩リードかな。

そこで今度は「天使のねんど」をそのままに、「ネオファリネッタ」でも試してみました。
上二つは、220度で8分。アルミホイルあり。
下二つは、220度で15分。アルミホイルあり。

パンの気泡比較3

「ネオファリネッタ」は「パンド」よりも柔らかく、よく膨らみます。
膨らむってことは、大きい気泡が出来てしまってるってことなんですよね~。
色は「ネオファリネッタ」の方が白くて、よりパンに近い感じなので惜しいです。

どうも「パンド」と「天使のねんど」の組み合わせが一番いいようなので、今度は配合を変えて。
上二つは、200度で15分。アルミホイルなし。
下二つは、240度で7分。アルミホイルなし。

パンの気泡比較4

今回はこれで時間切れ。
うーーーーん、結局どれがいいんだ?;

※補足
トースターは3~5分ぐらい予熱しています。
カットはトースターから出して10~15分後に。

何となく分かったのは、焦げるまで焼くのはあまりよくないってことかな。
焦げた側に大きい気泡、というか空洞?が出来てしまう。
そして、低温で長く焼くより、高温で短く焼く方がいい気泡が出来るような気がする。(好みの問題?)
ってことは、高温で焼きつつも焦がさないように、尚且つ短時間で中まで火を通せば理想の気泡が?
でもそれって無理じゃないの?;

「パン」としては、あまり満足のいく気泡は出来なかったので、またそのうち挑戦したいです。
今回は「パン」ではなく「パン粉」が作りたかったので、これでOKかな?
明日は今日焼いたものをパン粉に変身させたいと思います。
いいパン粉が出来るといいんだけど・・・。


◆使用した材料・道具・書籍、その他関連商品など◆
パンドレジックス天使のねんどツインバード:オーブントースター/TS-4015G

キャベツの千切り作り直し

キャベツの千切りを改良しました。

キャベツの千切り改良

なんかコツが掴めて来たかも^^
でもこれを上手く盛れるかが問題・・・。


最近気付いたこと・・・
Yahoo!でこのブログを検索するとこんな画面が。

漬物じゃないのよ

いやいや、ご親切にどうも(笑)

キャベツの千切り

キャベツの千切りを試行錯誤中。

キャベツの千切り

なんかこう、、、もっと繊細な感じに作りたいんだけど・・・。
これ太すぎますよね~。
色もイマイチだし。
それから、盛り付けはどう接着すればいいんだろう?
「ふわっと」というか「もさっと」というか、こうボリュームを持たせたいんだけど、どうすればいいのか分かりません。
工作洋食のときのはホント酷い盛り付けでした。
今度もあんな風になるのは嫌だなぁ。
上手い方法を考えなきゃ・・・。

千切りの後ろにあるのはスープカップです。
取っ手をどうしようか、これも考え中。
Present
キリプレ企画休止中。

count :  hits!
Search This Site
New Entries
Categories
Archives
Ranking
よろしければモチベーションUPにご協力を・・・

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ 人気blogランキング FC2ブログランキング blogram投票ボタン 手作り市場あ~てぃすと 手作りSHOP・手作り趣味・手作り・クラフト系ブログの総合情報検索サイト
Recent Comments
データ取得中...
Recent Tracbacks
Clap Ranking
最近、拍手された回数が多い順です^^
Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Others

今すぐブログを作ろう!
Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。