スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おでんセット完成

季節外れのおでんセットが完成しました。

おでんセット1

おでんセット2

おでんセット3

なんということでしょう!
また比較の10円玉置くの忘れたorz

見えていませんが、鍋敷きなんかも作りました。
ディスプレイ台は結局2回作り直しました。
1つ目のは小さ過ぎて、2つ目のは大き過ぎて、3つ目でやっと丁度良い大きさに。

またオクにでも出してみようかと思っています。
季節外れも甚だしいので需要ないかな;
スポンサーサイト

ラーメン完成

以前作ったラーメンの残りパーツが勿体無くて再び作っていたラーメンが完成しました。
どんぶりと麺を作ればいいだけだったのに、なんか凄く時間が掛かっちゃったな~。

ラーメン完成

ラーメンアップ

さて、これをストラップにしたいんですが、これだけポロっと付けても味気ないしどうしたもんかな・・・。

グラス作り直し

クリスタルレジンの黄変が気になるのでクリスタルレジン2スーパークリアで作り直しました。

レジンとレジン2のグラス1

左がクリスタルレジンで右がクリスタルレジン2です。
左の方が黄色っぽいの分かります?
こっち↓の方が分かり易いかな?

レジンとレジン2のグラス2

2年前に買ったクリスタルレジン。

黄変クリスタルレジン

硬化剤がもうかなり黄変しています。
これだけ黄変していると流石に無色透明の食器なんかには向きませんね。
(って、そんなの無視してこれでグラス作っちゃったワケですが;)
もちろん新品レジンは黄変してませんが、後々のことを考えると無色透明ものにはクリスタルレジンではなく、超難黄変のクリスタルレジン2の方がよさそうです。
クリスタルレジン2は今回初めて使いました。
なんか2の方が気泡抜けがいいような気がしました。

自作撮影ブース

ミニチュアの写真を撮るのに結構苦労しています。
明るさなんかはある程度フォトショで調節出来るのでいいんですが、影とか照明のテカリがどうしようもない。
そこで撮影ブース。
本当はちゃんとしたのを買いたいけど、節約の為自作してみました。

材料は近所のスーパーで貰って来た「ダンボール箱」とダイソーの「ダンボールプラシート」と「フェルト」。
制作費締めて400円也。

撮影ブース材料

本当はこちら「300円で作る、商品撮影用照明ボックス - [写真撮影]All About」で紹介されているブースを作りたかったんですが、近所のダイソーでは材料が揃わなかったので自分で適当にそれっぽく作ってみました。

はい、そして行き成り完成写真。

撮影ブース完成

両側面がパカ~っと開いて来てしまうのでテレビのリモコンとPSPで押さえております(笑)
背面がダンボールで両側面と天板がダンボールプラシートです。
側面をアルミホイルのレフ版にすれば、プラシートでなくダンボールで済むのでもっと安く上がると思います。

撮影ブース上部

フェルトは背面のダンボールにクリップで留めています。
天板のプラシートは乗っけているだけ。

これを使って撮影したのがこちら。

撮影ブース使用写真

う~んどうなんでしょう?;
照明はパソコン机の蛍光灯を利用しているんですが、その蛍光灯がブースの後方からしか照らせないので、影が前の方に出来てしまっているんですよね。
ちゃんと別に照明用意しないと駄目かな~。
レフ板も作ってみようかな。
後、背景がグレーなのもあんまり好みでない。
撮影ブースの背景がグレーやブルーが多いのはちゃんと理由があるそうですが、グレーもブルーもちょっと嫌かも。
違う色のフェルトか布にしたいな。


◆使用した材料・道具・書籍、その他関連商品など◆
【送料無料】撮影ブース 撮影に最適 Mサイズ 【DCA-070】【送料無料!】フォト キューブ ホビーコクヨ キレイに撮り隊 デジカメスタジオM

麺投入

麺を秘密兵器でにゅるにゅるしました。

麺

9ピンを埋め込んでみましたよ。
今回はストラップにでもしてみるつもり。

グラス

左が原型で右がクリスタルレジンで複製したもの。

透明グラス

気泡入ってるな~。
でもおゆまるの型にしてはまずまず?
おゆまるでも意外とイケルもんですね。
これならどんぶりの複製もおゆまるで大丈夫かも。

これがおゆまる製の型。

グラスのおゆまる型

型をとるとき、凹型の方は簡単なんだけど、凸型の方がちょっと難しい。
なかなかコツが掴めなくて何度もやり直しました。
おゆまるは何度でもやり直せるのがいいですね。

複製は、グラスの底の方にレジンを注ぐ穴を作って・・・ではなく、凹型にレジンを流してその上から凸型を被せる方法でやりました。
この方法は楽なんだけど、気泡入り易いのが難点。

ラーメンどんぶり

やっとラーメンどんぶり完成。

ラーメンどんぶり1

ラーメンどんぶり2

雷紋は転写シールです。
・・・なんか歪んでるな~。

後まだどんぶり4つあります。
ラーメンどんぶりにしようか別のどんぶりにしようかちょっと悩んでます。

和風どんぶり

ラーメンどんぶりのついでに作ったどんぶりです。
今のところ使う予定はありません。

和風どんぶり1

和風どんぶり2

色がイマイチだったかな~・・・。
それに塗り方が雑過ぎ。
なかなか思うような色にならなくて、後半投げやり気味で仕上げたのが拙かったかな;

酒瓶完成

課題ありまくりですが、なんとか完成しました。

酒瓶

高さが揃っていないのは、他のものとのバランスを見る為にワザと少しずつ変えたから。
揃えるつもりが下手糞で揃わなかったワケではないのよー;
いや、ホントホント。
あ、右端のが傾いているのはワザとじゃありませんorz

因みにお酒の名前は「ぷち美人」。
JTC淡斎草書「濃」というフォントを使いました。
あんまりいいお酒の名前が思い浮かばなかったので、ワザとぱっと見何が書いてあるか分からないようなフォントに・・・。

少しマシになった瓶

型から抜くのは明日の予定だったけど、大丈夫そうだったので今日抜いてみました。
ブルーミックス型の方は昨日のと殆ど同じ出来。

ブルミ型の瓶

どうしても気泡が・・・。
なんか外側にブツブツと穴が開くんだよね~。
何が悪いのか分からん;
先っぽまでレジンが流れないのは型が悪い。
空気の抜け穴を作っとけばよかったんだろうな。

おゆまる型の方はなんとか形になりました。

おゆまる型の瓶

やっぱり気泡は入ってしまっているけど、今までのよりはだいぶマシ。
やっと瓶っぽくなってくれて嬉しい^^
おゆまるは精度がイマイチだけどブルミ型より上手く行ったので、もう一個新たにおゆまる型を作りレジンを流しておきました。

上手くいかない瓶

また先っぽ(蓋の部分)までレジンが流れていないし、気泡だらけ・・・。
しかも今回は色も濃過ぎた。

失敗瓶2本目

なーんでこんなに気泡入っちゃうんだろう?
今回はちゃんとドライヤーで温めたりストッキングで漉したりしたんだけどなぁ。
(因みに前回は漉していません)
漉した後のレジンには殆ど気泡は入っていなかったんだけどなぁ。
流すときに入っちゃったのか?

前回の瓶はどんぶりの型を作ったときに一緒に作ったSG-020のシリコン型で、今回のはブルーミックスで新たに作った型を使いました。
今日は更におゆまるでもう一つ型を作って、そのおゆまる型とブルーミックス型の2つにレジンを流しておきました。
明後日に抜いてみます。

どんぶりはまだヤスリ掛け。

石粉粘土製どんぶり

前回、

>とりあえず無心でヤスっていれば完成するしね。

なんて書いたけど、ヤスってもヤスってもなかなか満足のいく仕上がりにならないので終わりが見えない状態;
「もうちょっとここ・・・」とか「ここ変だな~」と見るたびにあちこち気になって・・・。
弄り回しているうちに全部気に入らなくなって投げ出したくなったり・・・。
そろそろこの辺で妥協しておかないと本当に投げ出しかねない;

地道にどんぶり作り

金欠でシリコンが買えない為、石粉粘土で一つ一つ地道に作っています。

石粉粘土製どんぶり

でも、地道に作るのが一番いいのかな~。
とりあえず無心でヤスっていれば完成するしね。
複製はお金が掛かるし、防毒マスクだの手袋だのいろいろ気を使わなければならななくて面倒。
何しろ私の場合下手糞で失敗も多くてだいぶお金も時間も無駄になってる;
いやそれでもなんでか複製は魅力なんだよね~。
なんとかマスターしたいな。
それにしても、前回の更新から8日も経っているのにこれだけしか出来ていないって・・・orz
時間ないわけじゃないのに何やってるんだろうな~私は・・・。

密かに瓶を試作していたんだけど、あまりの酷さに凹み中。

失敗瓶

蓋の部分までレジンが流れ込んでいないし、何よりも気泡の多さにガックリ。
予想はしていたけど、まさかこれ程とは・・・。
いつになったらレジンを上手く扱えるようになるんだろーか。

予想通りシリコン型失敗

やっぱり失敗でした。
気泡があちこちに・・・。

シリコン気泡

シリコンがもの凄くドロッドロだったのは経年劣化が原因なのかな。
以前使った同じBe-JのSG-070はサラサラだったんだけど・・・。
何度やっても同じだろうしもうこのシリコンは捨てるしかないか。
勿体無いことしたな~。

070は流動性、020は引き裂き強度が魅力・・・なんだけど、今度はどっちを買おうか迷う。
混ぜて使うのがよさ気だけど、どっちも買ってしまうと多分使い切れないだろうし・・・。
って、そんなことで悩む以前に、懐に余裕がないのでしばらくシリコンは買えません;
必要な食器は一個一個地道に作るしかないかー。

シリコン型失敗かも

やっとどんぶりの型作り。
一年ちょっと前に買ったBe-JのSG-020を開封して流してみました。
一年以上前って・・・なんというチャレンジャー;

缶の蓋を開けてみたら、思いっきり分離していました。
それを一生懸命混ぜたんですが、なんだか凄くドロドロで重い。
硬化剤を混ぜた後は流している間にもどんどん粘度が上がって来てしまいます。
気泡も全然抜けません。
とにかくドロドロで、流し終わっても平らになりません。

SG-202

6~12時間で硬化するらしいのですが、3時間後ぐらいに見たらもうしっかり硬化していました。
どうも調べたらこのシリコンは古くなると硬化時間が短くなるとか。
ん~やっぱり無謀だったかな~・・・。
まだ粘土を取り除いていないので何とも言えませんが、多分失敗しているんじゃないかな~と思いますorz

失敗だったら複製はしばらくお預けです。
新しいシリコン買う余裕がありません。
最近ミニチュア関係でいろいろ買っちゃったもので・・・。

これも買っちゃったものの一つ。
タニタ ポケッタブルスケール KP-103

0.1g単位の秤。
今回シリコンや硬化剤を量るのに使いました。
硬化剤など少量必要なものにはやはり0.1g刻みは有難い。
Present
キリプレ企画休止中。

count :  hits!
Search This Site
New Entries
Categories
Archives
Ranking
よろしければモチベーションUPにご協力を・・・

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ 人気blogランキング FC2ブログランキング blogram投票ボタン 手作り市場あ~てぃすと 手作りSHOP・手作り趣味・手作り・クラフト系ブログの総合情報検索サイト
Recent Comments
データ取得中...
Recent Tracbacks
Clap Ranking
最近、拍手された回数が多い順です^^
Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Others

今すぐブログを作ろう!
Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。