スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンの気泡に挑戦

パンの気泡に挑戦しました。
ネットで調べた情報を元に、いろんなパターンを試してみました。

温度調節が出来る1000Wのオーブントースターを使用。
粘土の配合の比率は画像に。
粘土スケールは持っていないので、錠剤の空包装を使いました。
これ↓

薬のカラ

まずは、「パンド」に4種類の粘土を混ぜて焼いてみました。
「かる~い紙ねんど」は、この辺りによくあるホームセンターで売っている粘土です。
他は皆さんご存知の粘土。
焼成は200度で7分。
焦げ防止の為にアルミホイルを被せて焼きました。

パンの気泡比較1

生焼けです。駄目過ぎ。

次は同じ配合でトースターの温度と時間を変えて。
「かる~い紙ねんど」は大きい気泡が出来てしまったので、早々に見切りを付けて「ふわふわムースのかみねんど」に変更しました。
焼成は240度で8分。
アルミホイルあり。

パンの気泡比較2

画像はちょっとイマイチですが、「天使のねんど」が一番いい感じ。
大きい穴が開いてなければ「レジックス」もフランスパンの気泡っぽくてなかなかよいです。
でも、質感やカットのし易さなどトータルで見ると、やっぱり「天使のねんど」が一歩リードかな。

そこで今度は「天使のねんど」をそのままに、「ネオファリネッタ」でも試してみました。
上二つは、220度で8分。アルミホイルあり。
下二つは、220度で15分。アルミホイルあり。

パンの気泡比較3

「ネオファリネッタ」は「パンド」よりも柔らかく、よく膨らみます。
膨らむってことは、大きい気泡が出来てしまってるってことなんですよね~。
色は「ネオファリネッタ」の方が白くて、よりパンに近い感じなので惜しいです。

どうも「パンド」と「天使のねんど」の組み合わせが一番いいようなので、今度は配合を変えて。
上二つは、200度で15分。アルミホイルなし。
下二つは、240度で7分。アルミホイルなし。

パンの気泡比較4

今回はこれで時間切れ。
うーーーーん、結局どれがいいんだ?;

※補足
トースターは3~5分ぐらい予熱しています。
カットはトースターから出して10~15分後に。

何となく分かったのは、焦げるまで焼くのはあまりよくないってことかな。
焦げた側に大きい気泡、というか空洞?が出来てしまう。
そして、低温で長く焼くより、高温で短く焼く方がいい気泡が出来るような気がする。(好みの問題?)
ってことは、高温で焼きつつも焦がさないように、尚且つ短時間で中まで火を通せば理想の気泡が?
でもそれって無理じゃないの?;

「パン」としては、あまり満足のいく気泡は出来なかったので、またそのうち挑戦したいです。
今回は「パン」ではなく「パン粉」が作りたかったので、これでOKかな?
明日は今日焼いたものをパン粉に変身させたいと思います。
いいパン粉が出来るといいんだけど・・・。


◆使用した材料・道具・書籍、その他関連商品など◆
パンドレジックス天使のねんどツインバード:オーブントースター/TS-4015G

Trackback

Trackback URL
http://minixfood.blog46.fc2.com/tb.php/303-442ec8dd
Present
キリプレ企画休止中。

count :  hits!
Search This Site
New Entries
Categories
Archives
Ranking
よろしければモチベーションUPにご協力を・・・

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ 人気blogランキング FC2ブログランキング blogram投票ボタン 手作り市場あ~てぃすと 手作りSHOP・手作り趣味・手作り・クラフト系ブログの総合情報検索サイト
Recent Comments
データ取得中...
Recent Tracbacks
Clap Ranking
最近、拍手された回数が多い順です^^
Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Others

今すぐブログを作ろう!
Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。